« 9月19日(祝・月) 東葛地域懇34回例会―石岡のおまつり見学 | トップページ | 9月20日(火)俳句くらぶ投句締切 »

2011年9月19日 (月)

写真録:2011年9月19日(月・祝)東葛地域懇34回例会―石岡のおまつり見学

日時:2011年9月19日(月・祝)東葛地域懇34回例会―石岡のおまつり見学

 3日間にわたって開催される「石岡のおまつり(常陸国総社宮の秋の大祭)」の最終日を見学する。この祭りは、関東三大祭の一つとして江戸時代からの歴史と伝統を誇り、ご神体を送迎する格式ある神輿、豪華絢爛な11の山車、勇壮に舞う29の幌獅子など40数台が、市内を巡行する。
 複数の歴史ボランティアによる、石岡の歴史の解説があり、ありがたかった。

柏発8:49勝田行に乗車。石岡着9:58

写真:石岡には、時代を経ていそうな建物が見られる。

P1010908_2 P1010916

続きあり

「石岡のおまつり」は、常陸国総社の例祭「常陸國總社宮大祭」の別名である。

写真:常陸国総社 (左)境内、(右)本殿

P1010928_2

P1010930

写真:(左)街には山車が動いている、(右)方角を変えるところ

P1010934

P1010937

獅子は独特の作り。獅子小屋に幌をかぶせ、その幌の先に獅子頭を付けている。頭は人がかむりながら舞い進む。獅子小屋の中でお囃子が奏される

写真:今は移動中で、頭を人がかぶっていない。

P1010941

常陸国分寺の跡は、国の特別史跡となっている。現在の国分寺境内は木々が多く、桜の開花時には市民が多く訪れるという。境内に旧国分寺の金堂、講堂、中門、回廊、七重の塔心礎が散在している。

写真:奥に現国分寺、手前は元の国分寺の史跡。左端の碑、中門跡とある。

P1010942_2

夕方の懇親会まで街を歩く。

写真:(左)山車の一つ、(右)山車が向きを変えるところ

P1010946_2

P1010950

夕食の懇親会は、カラオケも登場し盛り上がった。
懇親会写真は会員専用サイトを参照

出版OB会サイト 会員専用 写真録補遺:2011年9月19日(月・祝)東葛地域懇34回例会―石岡のおまつり見学

東葛地域懇の行事としてはここでしめ、それぞれ祭りが盛り上がる街へ。

昼の明るさのもとで、山車の人形も獅子も、やはり作りものだなという感じを受けたのが、夜の街では生き生きとして感じられた。

写真:(左)その一つ、(右)山車の周りはたくさんの人

P1010998_2

P1010995_2

« 9月19日(祝・月) 東葛地域懇34回例会―石岡のおまつり見学 | トップページ | 9月20日(火)俳句くらぶ投句締切 »

*千葉東葛地域懇」カテゴリの記事

$写真録」カテゴリの記事

トラックバック

« 9月19日(祝・月) 東葛地域懇34回例会―石岡のおまつり見学 | トップページ | 9月20日(火)俳句くらぶ投句締切 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ