« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

◇9月の行事(*印は詳細別項)

◇9月の行事(*印は詳細別項)

3月 201回朗読を楽しむ会「ことのは」*、166回「花いかだ」朗読を楽しむ会*
4火 479回吟詠会*
    「会報」123号企画会議②
5水 148回「春望」俳句会*
6木 238回社会保障を考える会*
    114回出版一木会*
7金 79回三OB会打合せ会
    行事予定提出締切(11月分まで)
10月 1回拡大三役会
    117回歩こう会─桃園川緑道:JR荻窪駅~東京メトロ新中野駅*
11火 358回相撲甚句会*
    ゆっくり読み合わせ『平家物語』61回*
    197回哲学を語る会*
12水 251回みんなで囲碁・将棋を楽しむ会*
    260回日本史読書会*
    248回スケッチの会*
    92回歌舞伎を観る会「秀山祭九月大歌舞伎」*       
13木 190回初級麻雀教室*
14金 687回太極拳*
    229回健康麻雀クラブ(雀友会)*
15土 「通信」10月号原稿締切
16日 232回名画をみる会『赤線地帯』*
17月 文楽を楽しむ会番外編─女流義太夫:「絵本太功記」尼ヶ崎の段、「妹背山婦女庭訓」鱶七上使の段*
18火 480回吟詠会*
19水 221回現代を語る会*
    埼玉東地域懇─55回さき(埼)じゃん*
20木 新劇鑑賞会『母と暮せば』申込締切*
21金 688回太極拳*
    41回ピーン・ポーン(卓球)の会*
    多摩・武蔵野地域懇共催─日本航空工場見学*
    ゆたかな高齢期をめざす東京のつどい─記念講演(伊藤千尋氏)
22土 12回文楽を楽しむ会─9月公演「良弁杉由来」「増補忠臣蔵」*
25火 359回相撲甚句会*
26水 249回スケッチの会*
    222回ハーモニカが吹ける会*
    203回山を楽しむ会─表妙義自然探勝路*
27木 219回健康麻雀奨励会(雀励会)*
    「会報」123号校正①
28金 多摩地域懇─93回たま・じゃん*
    689回太極拳*
    87回落語を楽しむ会─新宿末廣亭*
    95回オペラ鑑賞会『ルサルカ』*
    「通信」10月号発送(A班)
29土 文楽を楽しむ会番外編─文楽カフェin神保町:竹本文字栄太夫さん「住太夫師匠の芸と人となりを語る」*
30日 304回川柳くらぶ投句締切*

9月30日(日)川柳くらぶ投句締切

◇304回川柳くらぶ

兼題: 「 心 」 倫子
兼題2句以内をはがきで。
締切:9月30日(日) 

川柳に挑戦してみませんか。長生きと頭の体操に最適。「川柳くらぶ」にご加入を。年会費は500円です。

2018年9月29日 (土)

9月29日(土)文楽を楽しむ会番外編─文楽カフェin神保町:竹本文字栄太夫さん「住太夫師匠の芸と人となりを語る」

◇文楽を楽しむ会番外編─文楽カフェin神保町:竹本文字栄太夫さん「住太夫師匠の芸と人となりを語る」

 今年の4月28日、文楽界を長きにわたって牽引してこられた竹本住太夫さんが亡くなられました。
住太夫さんの最初のお弟子さんであり、40年以上の長きにわたって師匠を間近に見てこられた文字栄太夫さんをお迎えします。
住太夫さんの素顔について、また文楽全般について、文楽界きっての“生き字引”ならではのトークをお楽しみください。

日時:9月29日(土)3:00~5:00pm
会場:クラインブルー ギャラリー&カフェバー  
  (千代田区神田神保町1-7、三光堂ビル2階、電話 03-3295-2635)
会費:3000円(ドリンクつき)

2018年9月28日 (金)

9月28日(金)オペラ鑑賞会『ルサルカ』

◇95回オペラ鑑賞会『ルサルカ』

日時:9月28日(金)
作曲:アントニーン・ドヴォルザーク
主な出演者:オルガ・グリャコヴァ、ビルギッド・レンメルト、ペーター・ベルガー、ミッシャ・シェロミアンスキー、井ノ上了吏、加納悦子、安藤赴美子ほか
指揮:ヤロスラフ・キズリング、東京フィルハーモニー交響楽団

 森の中の湖のほとり、水の妖精ルサルカは物思いに沈んでいる。狩りに来て湖で水浴びをする人間の王子に恋をしてしまったのだ。魔女の力で人間の姿になったルサルカは、王子と結婚するが、異界の二人に幸せは訪れなかった。
 舞台は映像も使い、森や人魚姫なども出てきて絶えず変化し、旅に連れていってくれるような演出です。

9月28日(金)多摩地域懇─93回たま・じゃん

◇多摩地域懇─93回たま・じゃん

日時:9月28日(金)正午~5:00pm
 (最終金曜に開催)
会場:起家(京王線府中駅から3分。TEL 042-366-5733)
参加費:1300円

9月28日(金)落語を楽しむ会─新宿末廣亭

◇87回落語を楽しむ会─新宿末廣亭

日時:9月28日(金)昼の部 正午~4:30pm
会場:新宿末廣亭(電話 03-3351-2974)
集合:11:30am 新宿伊勢丹正面入口
交通:JR新宿駅から7分、地下鉄丸ノ内線、副都心線新宿三丁目駅から2分。
料金:一般3000円(シニア料金2700円)
参加費:資料代200円
出演者:当日のお楽しみに。(8月末頃に発表)

落語を中心として、いろものなど、毎回大好評の寄席見物です。会場は、客席に桟敷席があり、雰囲気のある席亭です。
4時間余り大いに笑って、くつろいでください。奮ってご参加ください。

2018年9月27日 (木)

9月27日(木)健康麻雀奨励会(雀励会)

◇219回健康麻雀奨励会(雀励会)

日時:9月27日(木)
集合:0:10(時間厳守)~4:20pm、4回戦。以降は自由参加

※7月の例会は14名が参加して熱戦を繰り広げました。
*会場、交通、地図、会費、申込先は健康麻雀クラブ(雀友会)の記事をご参照ください。

2018年9月26日 (水)

9月26日(水)ハーモニカが吹ける会

◇222回ハーモニカが吹ける会

日時:9月26日(水)3:00~4:30pm
会場:西神田「まめや」(千代田区西神田2-3-4、℡ 03-3234-3037。地下鉄新宿線、三田線、半蔵門線 神保町駅A2出口から5分)
次回稽古日:10月24日(水)

◎今月の使用ハーモニカはC、A、Am、Fの4本です。初めての方は、C、Aのハーモニカがあればご持参ください。

9月26日(水)山を楽しむ会─表妙義自然探勝路(一般コース)

◇203回山を楽しむ会─表妙義自然探勝路(一般コース)

 表妙義の岩峰縦走は鎖の連続する難コースですが、自然探勝路はかつて「中間道」あるいは「お中道」と呼ばれていたもので、岩峰中腹をめぐります。白雲山麓の妙義神社から、金洞山中腹の中の岳神社近くの石門群までをほぼ水平に結んでいます。
 コースの途中には、「大」の字や見晴らし台、石門などがあり、変化に富んだコースを楽しむことができます。

月日:9月26日(水) 
集合:7:30am JR武蔵野線北朝霞駅、東武東上線朝霞台駅北口ロータリー駐車場(マイクロバス利用)
コース:妙義神社大鳥居―奥の院―第四石門―石門登山口(徒歩4時間弱)
参加費:5000円(交通費・保険料)。参加人数により若干変わることがあります。
準備する物:雨具、水、昼食、防寒具
申込締切:9月19日(水)

*次回は、10月26日(金)、群馬・中之条町の嵩山です。

2018年9月22日 (土)

9月22日(土)文楽を楽しむ会―9月公演

◇12回文楽を楽しむ会―9月公演

 申込は終了しましたが、演目をご紹介しておきます。

日時:9月22日(土)
会場:国立劇場小劇場
第一部(11時開演、3時20分終演予定)
「良弁杉由来(ろうべんすぎのゆらい)」
  志賀の里の段
  桜の宮物狂いの段
  東大寺の段
 二月堂の段
「増補忠臣蔵」(ぞうほちゅうしんぐら)
 本蔵下屋敷の段

◆13回文楽を楽しむ会―12月公演

 演目が判明するのは9月中旬です。これまで楽しむ会に参加または参加希望をいただいた方には、日時、演目等をこちらからご案内します。
新たに希望される方は担当にご連絡ください。決まり次第、ご案内いたします。

2018年9月21日 (金)

9月21日(金)多摩地域懇・武蔵野地域懇共催─日本航空(JAL)工場見学会

◇多摩地域懇・武蔵野地域懇共催─日本航空(JAL)工場見学会

日本航空(JAL)工場見学を行います。整備士、運航乗務員、客室乗務員など経験者が「航空教室」(30分)で説明し、映像や画像で航空機を学ぶ「展示エリア」(30分)、「格納庫見学」(40分)で関係者の仕事紹介やアーカイブ展示の見学をします。
童心に返って、現代の最先端技術の現場をのぞいて見ませんか。もちろん見学会後には、浜松町で懇親交流会も。
工場見学は人数制限がありますので、事前申し込みを厳守してください。

日時:9月21日(金)2:30~4:10pm(見学時間)
集合:1:15pm 
①JR山手線浜松町駅南口改札の内側
②東京モノレール乗り換え口の内側(外に出ないでください)
③山手線利用以外の方は、モノレール駅JR乗り換え口
交通:東京モノレール浜松町駅1時36分発に乗車、「新整備場駅」下車。
参加費:保険料100円
申込締切:9月10日(月)

*「参加者氏名の事前届け制」のため、締切日までに、世話人に直接連絡してください。

9月21日(金)ピーン・ポーン(卓球)の会

◇41回ピーン・ポーン(卓球)の会

日時:9月21日(金)1:00~4:00pm
*今月は、会場の都合で金曜に開催します。
会場:千代田区立スポーツセンター(略称:スポセン。JR、地下鉄神田駅南口から6分、地下鉄大手町駅A2出口から3分。電話 03-3256-8444)
会費:500円

卓球ができる服装、ラケットと室内用運動靴を用意して、スポセン2階の卓球場へ直接おいでください。OB会貸し切り利用の卓球台4台。更衣室、シャワー、空調完備です。
初心者の方には、慣れるまで参加者のラケットをお貸しします。

2018年9月20日 (木)

9月20日(木)新劇鑑賞会10月例会申込締切

◇新劇鑑賞会10月例会申込締切

演目:『母と暮せば』こまつ座
原案:井上ひさし 作:畑澤聖悟  
演出:栗山民也
解説:こまつ座「戦後“命”の三部作」の第三弾。ヒロシマ『父と暮せば』、オキナワ『木の上の軍隊』に続くナガサキを描いた母と子の物語。
出演:富田靖子、松下洸平                   
日時:10月6~8、11~14、16~18、20、21日(各2:00pm開演)
会場:新宿・紀伊國屋ホール
料金:5500円
申込締切:9月20日(木)

2018年9月19日 (水)

9月19日(水)現代を語る会

◇221回現代を語る会

日時:9月19日(水)2:00~5:00pm
会場:いろは本郷ビル 2階A会議室
映像:「自由はこうして奪われた~治安維持法の全貌」予定
テキスト:『日本ナショナリズムの歴史Ⅳ』梅田正己著(高文研 2800円+税)

いま私たちが直面している「元号」問題について、これまで千数百年も続いた元号制の慣行を、明治維新の指導者たちが「一世一元」制に変更したのは何故か。戦後、元号法制化が成立した1979年は、すでに“国際化”の時代で世界の国々との関係が緊密になり、世界に通用する歴史認識が必要になるとき、元号と西暦の二重使用は混乱を招くのではないかと懸念されます。

9月19日(水)埼玉東地域懇─55回さき(埼)じゃん

◇埼玉東地域懇─55回さき(埼)じゃん

 埼玉東地域懇で麻雀を楽しむ会です。

日時:9月19日(水)0:30~4:30pm
集合:0:20pm
会場:麻雀「ウェルカム 大宮店」(JR大宮駅東口(北口)から徒歩3分)。さいたま市大宮区宮町1-48 ジェイリート大宮ビル4階。電話 048-648-7247)
会費:1700円
申込締切:9月14日(金)

2018年9月17日 (月)

9月17日(月)文楽を楽しむ会番外編─女流義太夫:涙と笑い

◇文楽を楽しむ会番外編─女流義太夫:涙と笑い

 女流義太夫の若手越里さんとその師匠越若さんの共演です。人形はありませんが、太夫と三味線ともに女性が担います。

日時:9月17日(月)2:00pm(開場1:30)
会場:浅草公会堂第二集会室(台東区浅草1-38-6 電話03-3844-7491)
演目と演奏:
「絵本太功記」尼ヶ崎の段
浄瑠璃:竹本越里、三味線:鶴澤駒治
「妹背山婦女庭訓」鱶七上使の段
浄瑠璃:竹本越若、三味線:鶴澤賀寿
料金:2000円

2018年9月16日 (日)

9月16日(日)名画をみる会『赤線地帯』

◇232回名画をみる会『赤線地帯』 (1956年・大映、94分)

監督:溝口健二
原作:芝木好子/脚本:成沢昌茂
撮影:宮川一夫/音楽:黛敏郎
主演:京マチ子、若尾文子、木暮実千代、進藤英太郎、三益愛子、沢村貞子、浦辺粂子、十朱久雄ほか
日時:9月16日(日)2:00pm

 故・溝口健二監督の最後の作品。
売春禁止法が業者の反対運動で再三流産。その成立直前の状況を背負い、夢の里と呼ぶ売春宿を舞台にして、女たちの生態を描く。
一人息子の教育費を稼ぎながら、裏切られ発狂する者、入所中の父親の保釈金稼ぎに身を売り、小金を貯めて足を洗う者、失業中の夫に代わって働く者、元黒人兵のオンリー。これらの女性を三益愛子、若尾文子、京マチ子、木暮実千代らが演じた。写実に徹した作風で、売春風俗を描きながら、社会問題意識をのぞかせた異色作。
多数のご参加をお待ちします。

*10月は、アメリカ映画『赤い河』(ジョン・ウェイン主演)の予定です。

2018年9月14日 (金)

◇9月の太極拳

◇9月の太極拳

 687回 14日(金)2:15~3:45pm
 688回 21日(金)2:15~3:45pm
 689回 28日(金)2:15~3:45pm
会場:富士見会館(飯田橋)

 太極拳は、呼吸に合わせてゆっくりした動きで、バランスをとりながらの円運動を基本動作にしています。続けていると自然に、転びにくい身体になっていきます。初めての方でも大丈夫です。一緒に身体を動かしませんか。まずは気軽に見学においでください。

9月14日(金)健康麻雀クラブ(雀友会)

◇229回健康麻雀クラブ(雀友会)

日時:9月14日(金)
集合:0:10(時間厳守)~4:20pm 4回戦。以降は自由参加。
会場:麻雀クラブ柳銀座本店(中央区銀座1-14-11 銀松ビル2階 TEL 03-3567-8266)
交通:地下鉄有楽町線銀座一丁目駅10番出口から1分、銀座線銀座駅13番出口から7分、JR有楽町駅から10分
会費:2500円(場所代ほか)
締切:9月7日(金)必着

※8月の例会は42名が参加して熱戦を繰り広げました。

2018年9月13日 (木)

9月13日(木)初級麻雀教室  

◇190回初級麻雀教室

日時:9月13日(木)11:50am
会場:麻雀荘インペリアル(地下鉄新宿線・三田線・半蔵門線神保町駅から徒歩2分。千代田区神田神保町3-2-1 サンライトビル3階 TEL 03-3262-8700) 
会費:2000円

 明るくサロンのような会場です。麻雀は頭を使い、手先も使うのでボケ防止に最適だといわれています。1ゲーム60分で楽しんでいます。組合せ表を作るため、参加の方は必ずご連絡ください。
申込締切:9月10日(月)

2018年9月12日 (水)

9月12日(水)日本史読書会 

◇260回日本史読書会
  
日時:9月12日(水)2:00~5:00pm
会場:文京区男女平等センターC室(地下鉄本郷三丁目駅から5分。TEL 03-3814-6159)
テキスト:熊谷 公男著 日本の歴史03
「大王から天皇へ」(講談社学術文庫)
p.239 第五章 律令制国家への歩み1 乙巳の変のクーデターへの道 から

 推古没後の王位継承をめぐり朝廷はもめたが、舒明天皇が即位した。舒明没後、皇后の宝皇女が皇極天皇として即位した。この頃の政治権力者は蘇我蝦夷・入鹿父子だが、次第に横暴になり独裁に対する反発が起こり、中大兄皇子、中臣鎌足らに討滅され蘇我本宗家は滅亡した。この年の干支からこの事件を「乙巳の変」と呼ぶ。
事件の翌日皇極天皇は譲位、孝徳天皇が即位し、「大化の改新」の端緒となった。
*10月の日本史読書会は、韓国古代(百済・新羅)の遺跡を訪ねる旅(10月9日〜13日)になりますので、読書会は休会します。

◇9月のスケッチの会

◇9月のスケッチの会

248回 12日(水)1:00~3:00pm
249回 26日(水)1:00~3:00pm
会場:いろは本郷ビル2階 A会議室
講師:菊池正先生
月謝:3000円(2回。1回の場合は1500円)
準備するもの:描きたい花1輪または静物、スケ
ッチブック(4号か6号)、2B鉛筆、消しゴム、水彩絵の具または色鉛筆

余席がありますので、初心者の方をお待ちしています。

9月12日(水)みんなで囲碁・将棋を楽しむ会

◇251回みんなで囲碁・将棋を楽しむ会

日時:9月12日(水) 1:00~4:30pm
会場:いろは本郷ビル 2階会議室
参加費:200円(初回は1000円)

開催日は原則第一水曜日ですが、今月は会場の都合により第二水曜日になります。ご注意ください。予約は不要です。気軽にお出かけください。
 指導陣は、囲碁、将棋ともおなじみのメンバーです。
 皆さん、楽しみながら着実に棋力をアップされています。囲碁・将棋とも、直感力、読み、大局観を鍛えるのに最適なゲームといわれています。
 次回は、10月3日(水)の予定です。

9月12日(水)歌舞伎を観る会 『秀山祭九月大歌舞伎』

◇92回歌舞伎を観る会 『秀山祭九月大歌舞伎』

日時:9月12日(水)昼の部 11:00am開演(開場10:30am)
会場:歌舞伎座 3階A席(50席予約)
出演者:吉右衛門、幸四郎、歌六、松緑、錦之助、魁春、福助、梅玉、又五郎ほか
演目:一、金閣寺─祇園祭礼信仰記
   二、鬼揃紅葉狩 
三、河内山─天衣紛上野初花  
申込締切:8月14日(火)着金厳守

 お申し込みは早めにお願いします。締切後のお申し込みはお断りすることがあります。

<一口メモ>『河内山』
 河内山宗俊の悪の魅力、大胆不敵、胸のすくような啖呵で人を助け、権力にも屈しない豪放な男の生き方がここにある。松江出雲守邸で、皮肉な言い回しで松江侯を追い詰める宗俊。その穏やかな口調から一転、帰り際の玄関先で、北村大膳に素性を暴かれて、啖呵を切る場面が見どころ。
*当日は、歌舞伎座正面入口の横に受付を設け、次回開催予定のチラシなどをお渡ししますので、お立ち寄りください。

2018年9月11日 (火)

9月11日(火)哲学を語る会

◇197回哲学を語る会
      
日時:9月11日(火)2:00~5:00pm
会場:文京区男女平等センター C室(地下鉄本郷三丁目駅から5分。TEL 03-3814-6159)
新テキスト:川村湊 訳『歎異抄』(光文社古典新訳文庫)

 前回7月は、「歎異抄」の現代語訳を読みました。いろいろわからないところがありました。
 今回は、付録にあたる「親鸞和讃抄」と「解説――愚禿(ぐとく)親鸞は、こう語った」を読みます。今回から参加の方は、現代語訳を読んできてください。

9月11日(火)ゆっくり読み合わせ『平家物語』

◇ゆっくり読み合わせ『平家物語』61回

日時:9月11日(火)10:00am~正午
会場:文京区男女平等センター C室
テキスト:岩波文庫版『平家物語』(四)372ページ3行目 巻第十二「六代被斬(ろくだいきられ)」から

 7月は「六代被斬」の途中までで時間切れになってしまいました。文覚が隠岐へ流された後、六代は、鎌倉からしきりに催促され、関東へ下る途中、千本松原付近でついに斬られた。これで平家一族はすべて絶えたことになる。
 さて最後の灌頂の巻。これは残された建礼門院徳子の生涯を物語全編のまとめ、祈りの章となっている。
 私たちの読み合わせも、いよいよ最終段階に入ります。

◇9月の相撲甚句会

◇9月の相撲甚句会

358回 11日(火)10:00am~正午
359回 25日(火)10:00am~正午
例会は原則第2、4火曜日に開催します。
会場:台東区東上野区民館(台東区東上野3-24-6、TEL 03-5807-1520。地下鉄銀座線上野駅
から3分)

2018年9月10日 (月)

9月10日(月)歩こう会─桃園川緑道:JR荻窪駅~東京メトロ新中野駅

◇117回歩こう会─桃園川緑道:JR荻窪駅~東京メトロ新中野駅

杉並区から中野区へと、都内の住宅地を横切る典型的な東京の緑道です。

日時:9月10日(月)1:00pm出発
集合場所:JR荻窪駅中央改札口前
持ち物:水、雨具、デイパック(手提げ荷物は歩きにくいのでやめましょう)
参加費:200円(保険料込み)
当日の天候が心配な方は、当日朝9~10時に担当者にお尋ねください。

2018年9月 6日 (木)

9月6日(木)2:00pm社会保障を考える会 (8月は休会です)

◇238回社会保障を考える会 (8月は休会です)

日時:9月6日(木)2:00pm
会場:文京区男女平等センター C室(本郷三丁目交差点から春日通りを文京区役所方向へ、二つ目信号を右折して左手、本郷小学校の向かい。大塚駅~錦糸町駅間の都バス停留所「真砂坂上」から3分。TEL 03-3814-6159)
テキスト:宮本太郎著『共生保障<支えあい>の戦略』(岩波新書1639)

社会保障を考える会は、部の「シンクタンク」的位置づけとして、今後も大いに頼りにさせていただきます。
今期の活動メニューとして、施設見学に杉並の「浴風園」案があげられました。広大な敷地に、自立、要介護・介助、要療養者、病院までがそろった総合的施設です。自立高齢単身者向けの施設には、関心を持つ会員が多いようです。
テキスト輪読は第4章3の前半を読了。「社会保障と税の一体改革」は、意図としては「社会保障をよりあまねく国民のものにする」普遍化にありながら、財源を懸念する政権により、増税手段にすりかえられ、われわれは消費税増税、福祉後退という結末しか受け取れませんでした。
億単位の支出が膨大化する戦闘機の「補修」代金、その数機分を回せばよいという発想は、現政権にはありません。

9月6日(木)出版一木会

◇114回出版一木会

日時:9月6日(木)
コース:大宮カントリークラブ(〒331-0068 さいたま市西区飯田新田40、TEL 048-624-2121、あかつきコース~みどりコース)
集合:8:00am/スタート:8:35より7組、28名
プレー代:8050円(乗用セルフ、食事代込)
参加費:2500円(賞品代、パーティー代)
申込締切:8月29日(水)

*出欠についてはいつもどおりのルールで準備します。参加できない方は幹事までご連絡ください。
たくさんの方の参加をお待ちしています。

2018年9月 5日 (水)

9月5日(水)「春望」俳句会

◇148回「春望」俳句会

五七五のリズムは私たち日本人の体に備わって
います。俳句を作ってみんなと話をするのは楽しいものです。経験のない方もぜひ参加してみてください。当日、当季雑詠三句を投句し、選句、先生の講評があります。

日時:9月5日(水)
出句受付:1:30~2:00pm
会場:文京区男女平等センター C室(地下鉄本郷三丁目駅から5分  TEL 03-3814-6159)
講師:松澤雅世先生(俳句結社「四季」主宰、東京都現代俳句協会会長)
参加費:1600円/月

2018年9月 4日 (火)

◇9月の吟詠会

◇9月の吟詠会

 今月は、第1火曜日、第3火曜日に江古田・小竹集会所で行います。

 479回 4日(火)1:00~4:00pm
 480回 18日(火)1:00~4:00 pm
会場:小竹集会所(練馬区小竹町1-63-2。
  TEL 03-3554-3100。西武池袋線江古田駅北口から5分)
講師:吟道館流・藤沢蓉風師範
受講料:3000円/月

 初心者も懇切に教えていただけます。吟道館流以外でも参加できます。ふるってご参加ください。

2018年9月 3日 (月)

9月3日(月)朗読を楽しむ会「ことのは」;「花いかだ」朗読を楽しむ会

◇201回朗読を楽しむ会「ことのは」

日時:9月3日(月)10:30am~0:30pm
会場:文京区民センター 3D
講師:山本和子先生
テキスト:澤田ふじ子「寒椿」(1)

 澤田ふじ子の名作です。しみじみとした作品で、朗読を勉強している人はみな、「一度は読みたい」という人気作品です。
少しゆとりがありますので、新会員歓迎です。

◇166回「花いかだ」朗読を楽しむ会

日時:9月3日(月)1:30~3:30pm
会場:文京区民センター 3D
講師:山本和子先生
テキスト:小泉八雲「梅津忠兵衛のはなし」

 小泉八雲の作品は有名なものがたくさんあります。これは「怪談」の中で意外に知られていないものですが、いかにも八雲らしい作品といえるでしょう。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ