« 10月3日(水)「春望」俳句会 | トップページ | 10月9日(火)~13日(土)日本史読書会主催:韓国古代(百済・新羅)の遺跡を訪ねる旅 »

2018年10月 4日 (木)

10月4日(木)社会保障を考える会

239回社会保障を考える会

日時:10月4日(木)2:00pm
会場:文京区男女平等センター 会議室(地下鉄
丸ノ内線・大江戸線本郷三丁目駅から4分。大塚駅~錦糸町駅間の都バスのバス停「真砂坂上」から3分。TEL 03-3814-6159)

宮本太郎著『共生保障<支えあい>の戦略』をよ
うやく読了。次のテキストを決める前に、超高齢
化社会に向き合う一つの問題として、寺島実郎:ジェロントロジー(老年学)の新たな地平(雑誌『世界』6月号)を読みます。
 読後感は次回に出し合いますが、テキストの主題である「共生」については、今の社会にはその前提たる「他への共感」の大きな欠如を感じざるをえません。その根源に、政治・国への不信があるように思います。
 最近の例では、少子化対策を言う一方で医療費負担削減(なるべく医者に行かせない)の目的で、未就学児の医療費の窓口減免を実施している市区町村への公費負担を減額する「罰則」、妊産婦(つまり母親)の死因の第一位は自殺。また、障害者雇用のなんと政府機関でのごまかし。直近の台風、震災ばかりか、何年も元の家に帰れないような国民を救わず、“国家を護る”防衛費の膨張。これらは、不審・不信に思わないのでしょうか。

« 10月3日(水)「春望」俳句会 | トップページ | 10月9日(火)~13日(土)日本史読書会主催:韓国古代(百済・新羅)の遺跡を訪ねる旅 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1558279/74317684

この記事へのトラックバック一覧です: 10月4日(木)社会保障を考える会:

« 10月3日(水)「春望」俳句会 | トップページ | 10月9日(火)~13日(土)日本史読書会主催:韓国古代(百済・新羅)の遺跡を訪ねる旅 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ