« 12月のスケッチの会 | トップページ | 12月12日(木)初級麻雀教室 »

2019年12月11日 (水)

12月 11日(水)日本史読書会

◇274回日本史読書会

日時:12月 11日(水)2:00~5:00pm
会場:文京区民男女平等センター C室(地下鉄本郷三丁目駅から5分。℡ 03-3814-6159)
テキスト:渡辺 晃宏著 日本の歴史04
「平城京と木簡の世紀」(講談社学術文庫)
第五章 大仏開眼への道 p.257 大仏の原材料調達 から

 大仏造立は、本体を鋳造するための銅、それを大量に溶解するための炭、表面を飾る金メッキ用の金、大仏殿のための木材など、その生産地が木簡を通じて、次々に明らかになってきた。
 銅は、長門国・長登(ながのぼり)銅山、「ならのぼり」。奈良の都に銅を供給したことに由来する地名とのこと。
 また、749年陸奥国で金産出の報、大宝産金以来の出来事で朝廷は沸き立ったという。

« 12月のスケッチの会 | トップページ | 12月12日(木)初級麻雀教室 »

**歴史」カテゴリの記事

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ