**山

2017年10月 2日 (月)

10月2日(月)~4日(水)山を楽しむ会─穂高・涸沢の紅葉を楽しむ

◇192回山を楽しむ会─穂高・涸沢の紅葉を楽しむ

紅葉真っ盛りの涸沢を楽しみましょう。

日時:10月2日(月)~4日(水)2泊3日

横尾山荘に1泊し、涸沢を往復して温泉で乾杯のコースです。

申込締切:9月15日(金)
詳細は、担当にお尋ねください。

2017年9月13日 (水)

9月13日(水)山を楽しむ会─富士山・宝永山(2643m)

◇191回山を楽しむ会─富士山・宝永山(2643m)

 宝永山は、江戸時代の中期1707年(宝永4年)、富士山が大噴火した際の大地震によって火口の縁にできた火山です。徒歩3時間半で、登りは1時間半です。


日時:9月13日(水)8:00am出発
集合場所:JR山手線新橋駅西口、SL広場前
コース:往復、車を利用します。
 新橋─御殿場─富士宮口五合目─宝永山 往復
準備する物:昼食、雨具、水、防寒具、念のためスパッツ
参加費:4000円
申込締切:9月5日(火)

2017年8月23日 (水)

8月23日(水)~24日(木)山を楽しむ会─尾瀬ヶ原散策(一般コース

◇190回山を楽しむ会─尾瀬ヶ原散策(一般コース)

夏の花が咲き終えると、尾瀬ヶ原は一段と静かになります。8月下旬には、季節の最後を飾る花が見られます。
 コースを通して登り下りは、鳩待峠と山ノ鼻の間だけで、尾瀬ヶ原は木道の平坦な道なので、周囲の景色を楽しみながらゆっくりと歩くことができます。

月日:8月23日(水)~24日(木) 1泊2日
集合:8:00am 東武東上線朝霞台駅北口(JR武蔵野線北朝霞駅)ロータリー駐車場(マイクロバス利用を予定しています)
コース:
 1日目:東京―戸倉―鳩待峠~山ノ鼻~散策~山ノ鼻(泊)  徒歩約3時間
     2日目:山ノ鼻~竜宮小屋~ヨッピ橋~山ノ鼻~鳩待峠―戸倉―東京 徒歩約4時間
準備する物:雨具、昼食(2回分)、水、タオル
参加費:19,000円~21,000円(概算。宿泊、往復
交通費、保険料など(人数によって若干変更
があります。戸倉―鳩待峠間往復のバス代は各自)。
申込締切:8月14日(月)

2017年7月10日 (月)

7月10日(月)~12日(水)山を楽しむ会─八ヶ岳:赤岳と周辺の山

◇189回山を楽しむ会─八ヶ岳:赤岳と周辺の山

今年の夏山は久しぶりに八ヶ岳です。赤岳頂上を目ざすコースと、周辺部を歩くコースの2コースがあります。体力に合わせて選択してください。
下山後は蓼科温泉でのんびりしましょう。

日時:7月10日(月)~12日(水)2泊3日
予定コース
① 美濃戸口―赤岳鉱泉(泊)徒歩2時間
②Aコース:出発―行者小屋―中尾根経由―赤岳山頂―地蔵の頭―行者小屋─美濃戸口―蓼科温泉(泊)(徒歩6時間)
Bコース:出発―硫黄岳コース往復、または阿弥陀岳往復―行者小屋―美濃戸口―蓼科温泉(泊)(徒歩4時間程度)
③ 蓼科温泉―帰京
参加費:38000円(交通費、宿泊代、保険料込み、飲み物代は別途。人数によって変わります)
集合時間:8:00am 
場所:JR南武線分倍河原駅前ロータリー広場(改札を出て右折1分。京王線分倍河原駅も同じ)
申込締切:6月30日(金)

2017年6月 8日 (木)

6月8日(木)山を楽しむ会─谷川岳・一ノ倉沢遊歩道散策(徒歩2時間)

◇188回山を楽しむ会─谷川岳・一ノ倉沢遊歩道散策(徒歩2時間)

昭和の時代、クライマーたちがロッククライミングをするために登山口まで歩いた道です。現在は、きちんと整備された道を岩壁を眺めに行けます。きつい登り下りはほとんどありません。

日程:6月8日(木)
集合:8:00am JR武蔵野線北朝霞駅、東上線朝霞台駅 北口駅前ロータリー駐車場 
*バス利用を予定しています。早めにお申し込みください。
コース:谷川岳ロープウェイ駐車場→JR見晴らし小屋線→一ノ倉沢出合い→遊歩道コース→駐車場
準備するもの:雨具、防寒具、水、昼食
参加費:5000円(交通費、保険料など。参加人数によって変わります)
申込締切:6月4日(日)

2017年5月 9日 (火)

5月9日(火)山を楽しむ会─要害山(上野原市)

187回山を楽しむ会─要害山(上野原市)〈中級コース、約4時間 〉

要害山からコヤシロ山、尾続山など、標高500~600m前後のいくつかのピークにまたがる尾根歩きを楽しみます。6カ所の展望ポイントがあり、富士山、丹沢の山々の眺望が期待できます。

日時:5月9日(火)
集合:9:10am、JR上野原駅前、新井行バス停
  (高尾駅8:47発小淵沢行に乗車、上野原9:04着を利用)
コース:上野原駅(バス)→新井→鏡渡橋―要害山→コヤシロ山→尾続山→尾続→新井(バス)→上野原駅
準備する物:雨具、昼食、水、防寒具、軽登山靴以上。
参加費:300円
申込締切:5月2日(火)

2017年4月25日 (火)

4月25日(火)山を楽しむ会-西上州・稲含山(1370m・一般コース)

◇186回山を楽しむ会-西上州・稲含山(1370m・一般コース)

稲含山は、群馬県西部下仁田町の南東部に位置する山。1000メートル前後の山が多い西上州の山の中では一段高く、頂上の岩峰からの展望はすばらしいものがあります。しかも中腹まで車が入り、わずかな時間で頂上に立つことができます。
また、この季節は、アカヤシオの花が見られるでしょう。

日程:4月25日(火)
集合:7:30am JR武蔵野線北朝霞駅、東武東上線朝霞台駅、北口駅前ロータリー駐車場
(マイクロバス利用を予定しています)
コース:神の池公園→茂垣峠→頂上→稲畑稲含神社→神の池公園(徒歩約2時間30分)
準備する物:雨具、水、昼食、防寒具
参加費:5000円(交通費、保険料など。人数によって変更になることがあります)
申込締切:4月18日(火)

2017年3月16日 (木)

3月16日(木)山を楽しむ会─秩父:琴平丘陵(初心者コース)

◇185回山を楽しむ会─秩父:琴平丘陵(初心者コース)

武甲山の北側に広がる琴平丘陵は、最高地点が400m足らずと手ごろなコースです。右手に武甲山を望み、早春の花などをさがしながら里山を歩きます。
起伏に富んだ山稜には、護国神社、岩井堂などの史跡があり、芝桜(4月)で知られる羊山公園などの見どころがあります。

日時:3月16日(木)
集合:10:00am、西武秩父駅改札口
(西武池袋駅7:57発急行飯能行きに乗車、飯能で8:50発西武秩父行きに乗り換え。または池袋8:30分発特急「秩父7号」西武秩父行きが便利)
コース:秩父鉄道影森駅─岩井堂─武甲山登山口─羊山公園─西武秩父駅(徒歩約3時間)
準備する物:雨具、水、昼食、防寒具
参加費:300円(保険料など。交通費は各自負担)
申込締切:3月13日(月)

*次回は4月25日(火)西上州の稲含山です。

2017年2月17日 (金)

2月17日(金)山を楽しむ会─奥武蔵・物見山と日和田山(初心者コース)  

◇184回山を楽しむ会─奥武蔵・物見山と日和田山(初心者コース)
  
 物見山(375m)と日和田山(305m)は、奥武蔵の入口にあたる低山で、日だまりハイキングなどで人気があります。いずれも低いながら眺めはよく、落葉のこの時期は最適です。初心者向きのやさしいコースです。気軽にご参加ください。

日時:2月17日(金)
集合:西武池袋線武蔵横手駅改札口 9:45am
(池袋駅8:37分発急行飯能行きに乗車、飯能で9:32分発西武秩父行きに乗り換えが便利)
コース:武蔵横手駅~物見山~日和田山~~高麗駅(徒歩約3時間30分)   
持ち物:雨具、水、昼食、防寒具、軽アイゼン(念のため)
参加費:300円(保険料など)。交通費は各自負担(池袋から片道524円)
申込締切:2月14日(火)
*3月は16日(木)秩父の琴平丘陵です。

2017年1月24日 (火)

1月24日(火)山を楽しむ会─奧多摩・浅間尾根

◇183回山を楽しむ会─奧多摩・浅間尾根
(929m:2時間半)

寒い冬こそ、体を動かしましょう。登り1時間のコースです。余裕があれば「数馬の湯」でリラックスしましょう。

日時:1月24日(火)
集合:8:45am JR五日市線・武蔵五日市駅前バス停前(バスの時間があるので遅れないようにお願いします)
予定コース:浅間嶺登山口―数馬分岐―浅間尾根―御林山分岐―数馬
持ち物:雨具、防寒具、手袋、昼食、水筒、タオル
参加費:300円(小銭でお願いします)
申込締切:1月18日(水)

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ