**日本文学

2018年6月12日 (火)

6月12日(火)ゆっくり読み合わせ『平家物語』

◇ゆっくり読み合わせ『平家物語』59回

日時:6月12日(火)10:00am~正午
会場:文京区男女平等センター C室
テキスト:岩波文庫版『平家物語』(四)310ページ 巻第十二「判官都落(ほうがんのみやこおち)」から

 頼朝はついに義経追討を命じ、義経は都落ちを決意して九州を目ざしますが、やがて、吉野、奈良、北陸道から奥州へ。頼朝は義経追討を利用して、全国に守護地頭をおくことに……。

2018年5月 3日 (木)

5月8日(火)ゆっくり読み合わせ『平家物語』

◇ゆっくり読み合わせ『平家物語』58回

日時:5月8日(火)10:00am~正午
会場:文京区男女平等センター C室
テキスト:岩波文庫版『平家物語』(四)290ページ 巻第十二「大地震」から

 平家滅亡後、頼朝の権力は増大し、頼朝、義経の間は決定的な段階になりました。義経は都を逃れ、九州から北陸を経て東北へ。この読み合わせも残り少なくなりました。最後の2巻、ごいっしょに声に出して読んでみませんか。

2018年4月10日 (火)

4月10日(火)ゆっくり読み合わせ『平家物語』

◇ゆっくり読み合わせ『平家物語』57回

日時:4月10日(火)10:00am~正午
会場:文京区男女平等センター C室
テキスト:岩波文庫版『平家物語』(四)252ペー  ジ 巻第十一「腰越(こしごえ)」から。

宗盛の次男副将は、宗盛に面会ののち六条河原で殺された。宗盛、清宗父子は鎌倉に向かうが、付き添っていた義経は、鎌倉に入れず、腰越にとどまる……。    

2018年3月13日 (火)

3月13日(火)ゆっくり読み合わせ『平家物語』

◇ゆっくり読み合わせ『平家物語』56回

日時:3月13日(火)10:00am~正午
会場:文京区男女平等センター C室
テキスト:岩波文庫版「平家物語」(四)228ページ 巻第十一「一門大路渡(いちもんおおちわたし)」から

 敗れた平家は、都へ送られます。あれほど権勢を誇った宗盛親子ら、平家の捕虜の入京を町の人は皆、涙を流してみることに。宗盛らは義経の宿所で監視されることになります。

2018年2月13日 (火)

2月13日(火)ゆっくり読み合わせ『平家物語』

◇ゆっくり読み合わせ『平家物語』55回

日時:2月13日(火)10:00am~正午
会場:文京区男女平等センター C室
テキスト:岩波文庫版「平家物語」(四)192ページ 巻第十一「遠矢(とおや)」から

 いよいよ平家方に不利な兆候が表れ始め、頼みの綱であった阿波民部重能が源氏方に寝返ります。こうしていよいよ、帝の入水へ……。

2018年1月 9日 (火)

1月9日(火)ゆっくり読み合わせ『平家物語』

◇ゆっくり読み合わせ『平家物語』54回

日時:1月9日(火)10:00am~正午
会場:文京区男女平等センター C室
テキスト:岩波文庫版「平家物語」(四)168ページ 巻第十一「弓流(ゆみながし)」から

 志度の浦に退却した平家軍は、源氏の後続軍の到着にまたもや海に逃れ、さらに長門の国へ。これまで平家方についていた熊野別当湛増らも源氏方へ……。

2017年12月12日 (火)

12月12日(火)ゆっくり読み合わせ『平家物語』

◇ゆっくり読み合わせ『平家物語』53回

日時:12月12日(火)10:00am~正午
会場:文京区男女平等センター C室
テキスト:岩波文庫版「平家物語」(四)142ページ 巻第十一「勝浦(かつうら)」から

 11月は特別会で琵琶の演奏を楽しみました。
さて、今月から巻第十一に入ります。義経は縁起の良い「勝浦」に上陸し、阿波民部重能の弟を攻めます……。これが実は平家の運命にかかわる出来事でした。さらに手薄の屋島に攻めかかることに……。

2017年11月14日 (火)

11月14日(火)『平家物語』を琵琶で聴く会 第二回

『平家物語』を琵琶で聴く会 第二回

奏者:清水えみこ氏
日時:11月14日(火)2:00~
会場:アカデミー音羽 学習室B(東京メトロ有楽町線 護国寺駅から3分)
定員:会場の都合により先着25名
参加費:600円

11月14日(火)ゆっくり読み合わせ『平家物語』52回

◇ゆっくり読み合わせ『平家物語』52回

日時:11月14日(火)10:00am~正午
会場:文京アカデミー音羽 学習室B(東京メトロ有楽町線 護国寺駅1番口から3分)
 (会場がいつもと違います)
テキスト:今回は特別に、午後の「『平家物語』を琵琶で聴く会」で演奏される段を予習します。
 *岩波文庫版『平家物語』
    (三)248ページ「木曾最期」
    (四)200ページ「先帝身投」
    (四)392ページ「大原御幸」
 今回演奏される箇所の理解のために、読み合わせに参加ご希望の方があれば歓迎いたします。

〇薩摩琵琶で聴く『平家物語』 第2回

奏者:清水えみこ氏
日時:11月14日(火)2:00~
会場:同上
定員:会場の都合により先着25名(多少余裕があります。申し込みは、まだ大丈夫です)

2017年10月10日 (火)

10月10日(火)ゆっくり読み合わせ『平家物語』51回

◇ゆっくり読み合わせ『平家物語』51回

日時:10月10日(火)10:00am~正午
会場:文京区男女平等センター C室
テキスト:岩波文庫版『平家物語』(四)巻第十 114ページ「藤戸(ふじと)」から
 「藤戸」は能の曲としても有名です。舟のない源氏は平家軍を攻撃できずにいたある時、浦の男から藤戸の浅瀬を聞きだし、男を殺して浅瀬の渡渉に成功、平家軍を攻めて屋島へ追いやりました。こうして、いよいよ最後の決戦へ。

<お知らせ>

『平家物語』を琵琶で聴く会 第二回
奏者:清水えみこ氏
日時:11月14日(火)2:00~
会場:アカデミー音羽 学習室B(東京メトロ有楽町線 護国寺駅から3分)
定員:会場の都合により先着25名
参加費:600円

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ