**文楽

2018年9月29日 (土)

9月29日(土)文楽を楽しむ会番外編─文楽カフェin神保町:竹本文字栄太夫さん「住太夫師匠の芸と人となりを語る」

◇文楽を楽しむ会番外編─文楽カフェin神保町:竹本文字栄太夫さん「住太夫師匠の芸と人となりを語る」

 今年の4月28日、文楽界を長きにわたって牽引してこられた竹本住太夫さんが亡くなられました。
住太夫さんの最初のお弟子さんであり、40年以上の長きにわたって師匠を間近に見てこられた文字栄太夫さんをお迎えします。
住太夫さんの素顔について、また文楽全般について、文楽界きっての“生き字引”ならではのトークをお楽しみください。

日時:9月29日(土)3:00~5:00pm
会場:クラインブルー ギャラリー&カフェバー  
  (千代田区神田神保町1-7、三光堂ビル2階、電話 03-3295-2635)
会費:3000円(ドリンクつき)

2018年9月22日 (土)

9月22日(土)文楽を楽しむ会―9月公演

◇12回文楽を楽しむ会―9月公演

 申込は終了しましたが、演目をご紹介しておきます。

日時:9月22日(土)
会場:国立劇場小劇場
第一部(11時開演、3時20分終演予定)
「良弁杉由来(ろうべんすぎのゆらい)」
  志賀の里の段
  桜の宮物狂いの段
  東大寺の段
 二月堂の段
「増補忠臣蔵」(ぞうほちゅうしんぐら)
 本蔵下屋敷の段

◆13回文楽を楽しむ会―12月公演

 演目が判明するのは9月中旬です。これまで楽しむ会に参加または参加希望をいただいた方には、日時、演目等をこちらからご案内します。
新たに希望される方は担当にご連絡ください。決まり次第、ご案内いたします。

2018年9月17日 (月)

9月17日(月)文楽を楽しむ会番外編─女流義太夫:涙と笑い

◇文楽を楽しむ会番外編─女流義太夫:涙と笑い

 女流義太夫の若手越里さんとその師匠越若さんの共演です。人形はありませんが、太夫と三味線ともに女性が担います。

日時:9月17日(月)2:00pm(開場1:30)
会場:浅草公会堂第二集会室(台東区浅草1-38-6 電話03-3844-7491)
演目と演奏:
「絵本太功記」尼ヶ崎の段
浄瑠璃:竹本越里、三味線:鶴澤駒治
「妹背山婦女庭訓」鱶七上使の段
浄瑠璃:竹本越若、三味線:鶴澤賀寿
料金:2000円

2018年5月19日 (土)

5月19日(土)文楽を楽しむ会―5月公演

◇11回文楽を楽しむ会―5月公演

 申込は終了しましたが、演目を記しておきます。

日時:5月19日(土)
会場:国立劇場小劇場
第一部(11時開演、3時25分終演予定)
「本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)」
  桔梗原の段
吉田幸助改め五代目吉田玉助襲名披露 口上
  景勝下駄の段
襲名披露狂言
  勘助住家の段
「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」
  道行初音旅

◇12回文楽を楽しむ会―9月公演

 演目が判明するのは5月中旬です。これまで楽しむ会に参加または参加希望をいただいた方には、日時、演目等をこちらからご案内します。
新たに希望される方は担当にご連絡ください。決まり次第、ご案内いたします。

2018年5月11日 (金)

5月11日(金)文楽を楽しむ会番外編(文楽カフェin神保町)

◇文楽を楽しむ会番外編(文楽カフェin神保町) ─床山さんをお招きして

文楽公演を陰で支えている係をお招きしての2回目。前回の首(かしら)係に続いて、床山さんをお招きします。
 髪形は、衣装とともに役の身分や年齢を表わす重要な要素です。文楽公演の前日ですが、時間を割いていただきます。

日時:5月11日(金)6:30~8:30pm (開場6時)
会場:文化産業信用組合本店3階会議室(千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル)
会費:3000円(ドリンク付き)

2018年2月24日 (土)

2月24日(土) 文楽を楽しむ会

◇11回文楽を楽しむ会

 申込は終了しましたが、記録のために演目などを記しておきます。

日時:2月24日(土) 11:00am~2:00pm
会場:国立劇場小劇場
<第一部>
近松門左衛門作
心中宵庚申(しんじゅうよいごうしん)
 上田村の段
 八百屋の段
 道行思ひの短夜

■12回文楽を楽しむ会―5月公演

 初夏の季節、5月文楽公演はいかがでしょうか。
 演目が判明するのは2月中旬です。これまで楽しむ会に参加または参加希望をいただいた方には、日時、演目等をこちらからご案内します。
 新たに希望される方は担当にご連絡ください。決まり次第、ご案内いたします。

日時は5月東京公演のいずれかの土曜日とし、演目によりますが、第一部(11:00am開演)を中心に考えます。
会場:国立劇場小劇場
日時、演目:2月中旬に決定
参加費:6000~7000円(一等席)

2017年9月16日 (土)

9月16日(土)文楽を楽しむ会番外編(文楽カフェin神保町)

◇文楽を楽しむ会番外編(文楽カフェin神保町) -人気の人形遣いをお招きして

 今回お招きするのは、人気の女形人形遣い、豊松清十郎さん。三度目の登場です。女形、それも大役の多い清十郎さんですが、最近は立役(男役)も遣います。今回は女形、立役の違いなどを語っていただきます。
なお、清十郎さんは、9月公演の第一部「生写朝顔話」の主役朝顔の役で出演されます。

日時:9月16日(土)5:00~7:00pm (開場4時半)
会場:ギャラリー&カフェバー クラインブルー(千代田区神田神保町1-7 三光堂ビル2階)
会費:3000円(ドリンク付き)
募集人数:32人

これまでに文楽を楽しむ会に参加、または参加ご希望をいただいた方には、当方からご案内します。新たに参加を希望される方は、担当にご連絡ください。申込は先着順となります。

2017年9月 9日 (土)

9月9日(土)文楽を楽しむ会

◇8回文楽を楽しむ会―9月公演

 申込は終了しましたが、9月の演目を記しておきます。

日時:9月9日(土)11:00am~3:25pm
会場:国立劇場小劇場
<第一部>
「生写朝顔話(しょううつしあさがおばなし)」
 宇治川蛍狩りの段/明石浦船別れの段/浜松小屋の段/嶋田宿笑い薬の段/宿屋の段/大井川の段

■12月公演
 演目は、9月中旬に決定します。あらためてご案内します。新たに希望される方は、担当にご連絡ください。   

2017年5月20日 (土)

5月20日(土)文楽を楽しむ会

◇7回文楽を楽しむ会

 申込は終了しましたが、記録のために演目などを記しておきます。

日時:5月20日(土) 11:00am~3:35pm
会場:国立劇場小劇場
<第一部>
<寿柱立万歳>
<菅原伝授手習鑑>
 茶筅酒の段/喧嘩の段/訴訟の段/ 桜丸切腹の段
(豊竹英太夫改め六代豊竹呂太夫襲名披露 口上)
 寺入りの段     
 寺子屋の段      

■8回文楽を楽しむ会―9月公演

 演目が判明するのは5月中旬です。これまで楽しむ会に参加または参加希望をいただいた方には、日時、演目等をこちらからご案内します。
 新たに希望される方は担当にご連絡ください。決まり次第、ご案内いたします。
日時は9月東京公演のいずれかの土曜日とし、演目によりますが、第一部(11:00am開演)を中心に考えます。

会場:国立劇場小劇場
日時、演目:5月中旬に決定
参加費:5900~6700円(一等席)

2017年5月12日 (金)

5月12日(金)文楽を楽しむ会番外編(文楽カフェin神保町) -かしら係をお招きして

◇文楽を楽しむ会番外編(文楽カフェin神保町) -かしら係をお招きして

 文楽公演は、太夫・三味線方・人形遣いだけでなく、陰で支えている人たちの存在が欠かせません。首(かしら)・床山・衣装・大道具・小道具……。
「かしら」の担当者をお招きし、人間以上にリアリティを感じさせる人形の首について語っていただきます。

日時:5月12日(金)6:30~8:30pm (開場6時)
会場:ギャラリー&カフェバー クラインブルー(千代田区神田神保町1-7 三光堂ビル2階)
会費:3000円(ドリンク付き)

これまでに文楽を楽しむ会に参加、または参加ご希望をいただいた方には、当方からご案内します。新たに参加を希望される方は、担当にご連絡ください。申込は先着順となります。

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ